ヒナな日

30代、日本を離れ、カナダで自分らしく生きてます!

人生のなかでボーっとする時間:自由気ままなニート生活を通して思うこと

みなさん、こんにちは。

夏休みに入ってから、これといってすることもなく、

仕事なし、学校なし、宗教なしのHinaです。

 

朝早く起きる理由もないので、

寝るのはいつも0時過ぎ、起きるのはだいたい11時に起きる。

自由気ままな、昼夜逆転ニート生活。

周りから見たら、コイツ終わってんなと思われても仕方ないですね(笑)

 

表面だけ見たら、成人して仕事をしていない人間なんて、

人生終わってるように思われるかもしれませんが、

自分なりに、この今ある時間を使って、

この先どういう人生を歩むのか考えていたりもします。

 

考えてる時間って、外見に感じ取られるものではないので、

周りの人から理解されるのは難しいです。

わたしの周りの親戚や友人は、いろいろ言ってきます。

『ちゃんとしろ』『それでいいのか』『仕事はまだ決まらないのか』、

もう、耳タコです。

 

こんなことを言われても、わたしは言い返しません。

イラっとしても言い返しません。

むしろ、ヘラっと笑っています。

 

昨夜、彼とディナーに行った際、

わたしが仕事をしていないことについて、どう思っているか聞いてみました。

 

彼の返答は、

『僕は君が何もしていないとは思っていないよ。

だって、君はバカじゃないし、人形でもない。

もし君が、ロボットのように僕や周りが言ったことをし、

愚痴ばかりこぼすような人なら、僕は今、君と一緒にいないだろう(笑)

 

君は、自分で考えて行動することができる人だ。

もし君が今、問題にぶち当たっていて、助けが必要なら、

君は僕に頼れることを知っているし、自分から問題を解決するために行動できる人だ。

僕は、そんな君の考えて行動するところが好きだ。

まだ仕事が見つからないのは、考えているからでしょう?』

 

周囲の反応とは違って、彼がわたしを信じていてくれることが、

素直に、うれしかったです。

 

家に帰ってきて、ベットに入り、幸せだなって思いました。

 

そして、時間をかけて自分と向かいあってみたいと思います。

 

 

バンクーバー生まれのアイスクリームブランド:Earnest

今週のお題「わたしのイチ押しアイス」

 

お久しぶりです。

バンクーバーからこんにちは、Hinaです。

 

いやー、この週末はとても暑い!!

こんなときは、カンカン照りの太陽と真っ青な空の下、

アイスクリームが食べたくなります!

 

アイスクリームって、

あの冷たくて、あまーい、

口に入れるとフワッと、一瞬で溶けてなくなってしまう感じが、たまらないですよね!

わたしも、アイスクリーム大好きです!!

 

今回は、わたしの大好きなアイスクリームを紹介したいと思います。

スバリ、『Earnest』の抹茶。

 

お店の詳細はこちら→Earnest Ice Cream

f:id:hinananahi:20190804124729j:plain

Earnest Ice Cream

 

バンクーバーに来たことがある方なら、一度は食べたことはあるであろう、

バンクーバー生まれのアイスクリームショップです。

夏になると、お店の前は人、人、人!

この時期、店の外にまで行列ができるのは、ごくごく当たります。

まさに、ディスにーランドのアトラクションを思い出させます(笑)

 

わたしがEarnestのアイスクリームが好きな理由。

1, バンクーバー生まれ

2, 季節限定フレーバー

3, 待ち時間短縮、環境にやさしい

 

1, バンクーバー生まれ

『カナディアンはアイスクリームがとっても好き』

ホームステイ時代、ホームステイ先のパパさんが言っていました。

そして、彼の家では、食後に必ず、

バケツ並みに大きいコンテナから、

アイスクリームをプレートによそってくれていました。

 

Earnestは、そんなアイスクリーム大好きなカナディアンが作ったお店です。

ローカルのお店、まさにバンクーバーを代表するブランド、

サポートしたいという気持ちから、

わたしはいつでもアイスクリームならEarnestです!

 

2, 季節限定フレーバー

Earnestでは、季節を問わず愛されている、

抹茶、Whiskey Hazelnuts、Lomdon Fogなどの定番のフレーバーから、

季節限定のフレーバーもあります。

 

今年の春に食べた、キャロットケーキ・アイスクリームは格別!!!

シナモンが効いていて、

ダイスにカットされてたキャロットケーキがゴロゴロ入っていて、

めちゃめちゃ美味しかったです。

来年も食べたいなー♪

 

今季、夏の限定フレーバー:フレッシュレモンです。

甘すぎず、しっかりレモンの味が感じられて、

さっぱりしていて美味しいです!

f:id:hinananahi:20190804131651j:plain

Seasonal Flavor (2019 summer): Fresh Lemon

3, 待ち時間短縮、環境にやさしい

Earnestでは、

定番のコーンやカップといった、その場ですぐ食べる際の提供の仕方と、

Pintといって、お持ち帰り用のジャーに入って売られています。

わたしはいつもこのPintを買います。

 

なぜかかというと、

長い列を作るのは、コーンやカップで買いたいお客さんで、

その列とは別に、Pintのカウンターは設けられています。

しかも、たいてい空いている。

待ち時間はほぼゼロ(笑)

 

 

しかも、食べ終わったジャーを次回持ってい行くと、

1つのジャーに対し、$1 OFFになる!!

 

並んでいる行列をすっ飛ばして買える、

食べ終わったあとのジャーを回収することで、環境にも優しい。

しかも、ディスカウントの特典付き。

 

わたしは今日も、家で大好きな『Earnest』の抹茶アイスクリームを食べます。

口に入れた際に広がる、アイスクリームの冷たさ、

口いっぱいに感じられる、やさしい甘さ、

口の中で溶けた後に、後に残る抹茶のほろ苦さ。

やっぱり、自分は日本人なんだなーと実感する瞬間(笑)

 

f:id:hinananahi:20190804124630j:plain

以上が、

わたしが一押しのアイスクリーム、Earnestの抹茶でした。

30代の恋愛探し:Tinderを使って出会ってみました。

みなさん、おはようございます。

夏休みに入ってから、夜型で、

朝起きるのが辛い、Hinaです。

 

今日は少し、30代の出会いについて書いてみようかと思います。

 

わたしは日本生まれの日本人、

彼は、アジア系、カナダ国籍のカナダ育ち。

 

インターネットのデーティングウェブサイトを通じて、

国籍、文化、価値観の違うわたし達は出会いました。

 

彼に出会うまでのわたしは、

プライベートの大半は勉強、仕事。

空いた時間は友達に会う。

女性の職場で働いていたこともあり、男性と出会う機会はほとんどありませんでした。

 

ときどき友達を通じて、男性を紹介されることはあったものの、

恋愛感情や、真剣なお付き合いに発展することはありませんでした。

 

そんななか、わたしのカナディアンの友人が、

インターネットのデーティングウェブサイトを通じて出会った男性と、

いい感じになり、そのまま結婚、出産と、

彼女のことを見ていて、相手がいる生活っていいなーと、

自分の中で変化がありました。

このことがきっかけで、

わたしもインターネットのデーティングウェブサイトに登録してみました。

 

主流なのは、”Tinder”や”Plenty OfFish(POF)”。

無料かつ使い方も簡単、登録してから気軽にはじめられます。

そのほかは、”eHarmony”や”Match”など、

有料になりますが、

その分、細かい設定ができるので、理想の相手に会える確率が上がるようです。

 

わたしが使ったのは、”Tinder”。

理由としては、無料で、登録も簡単。

Facebookとつながっている、友人が使っていたのもあり、

そんなに抵抗がなかったなどです。

 

Tinderの登録は5分くらいで終わります。

アプリをダウンロードして、

Facebookとつなげるか、Emailで登録するか選べます。

プロフィール写真と自己紹介文を載せて、おしまい。

 

個人的な感想として、自己紹介文は書いた方が、

マッチングした際、相手からメッセージがくることが多いと思います。

 

登録が完了すると、自分の近辺にいるユーザーの写真が表示されます。

あとは、とりあえずスワイプ!

時間があれば、右、左、右、左、右(笑)

こちらが気に入って、相手にも気に入ってもらえれば、

マッチ成立となり、メッセージの交換ができるようになります。

 

はじめてみると、意外とおもしろい(笑)

仕事の合間などにマッチを確認して、メッセージを送ったり、

最初は積極的にやっていたと思います。

 

始めてから9カ月、

10人ほどTinderを通じて知り合った人と、

Cafeで会ったり、ご飯を食べに行ったりしましたが、

それ以上の関係になることはありませんでした。

 

そして、もういいかなとあきらめ半分、

Tinderでの出会いに期待をするのを辞めようと思い、

開き直って会った最後の相手が、今の彼です(笑)

 

あの頃を振り替えてみると、

恋人欲しさから、ちょっとガツガツしていたのかな。

もしくは、探しているときは、

相手に気に入ってもらおうと、自分を作っていたような気がします。

そーゆーこちらの態度って、意外と相手に見えちゃうものなのかなと思いました。

 

反対に、彼に出会ったときは、

Tinderでの出会いに期待をしなかったこともあり、

肩の力が抜けて、自分らしく入れたように思います。

彼も、そんな無理をしない、自然体のわたしを、

好きになってくれたのかなと思っています。

あくまでも自己満ですが(笑)

 

今日のランチ:ジャパニーズスタイルホットドック@JAPADOG

みなさん、こんにちは。

今日のバンクーバーは朝から、

快晴、快晴、快晴!!!

気温26℃!!!

めちゃめちゃテンション上がります。

 

てなわけで、

朝から最高の天気に、テンションMAXのわたしは、

隣りで寝ていた彼をたたき起こし、彼の友達カップルに連絡をし、

4人でダウンタウンまで来ましたー!

 

お目当てはというと。。。

JAPADOG!!!

カナダでは定番ですね(笑)

 

**********************

JAPADOG

530 Robson St, Vancouver, BC V6B 2B7

ダウンタウンのメインストリート:Robson Street、

Symore StreetとRichards Streetの間にあります。

**********************

 

わたしがオーダーしたのは、

”Krobuta Terimayo”

黒豚ソ-セージのホットドック

正直、黒豚と普通のソーセージと何が違うのかよくわかりませんでした(笑)

でも、おいしかったです。

f:id:hinananahi:20190722044047j:plain

Kurobuta Terimayo

 

彼がオーダーしたのが、

”LOVE MEAT”

お肉が、”これでもか”ってくらい入ってました。

お肉のボリュームとチーズの油っこさと、こちらはけっこうこってりでした。

わたしの彼はチーズが大好物なので、ペロリと間食(笑)

f:id:hinananahi:20190722042612j:plain

LOVE MEAT

他にも、梅、かつお節、大根おろしなどといった、

和風テイストのホットドックもありました。

日本の味が恋しくなったときは、こういった和風のものを試すのもいいですね。

 

また、ホットドックのパンいっぱいにアイスクリームを挟んだ、

デザートホットドックもありました。

次回、是非とも、試してみたい一品ですね!

 

それから、彼のカナディアンの友人に、

JAPADOGは日本の食べ物と思われていました。

日本人が食べるホットドック、だから、JAPADOG(笑)

 

JAPADOGは、カナダで生まれたものみたいですね。

 

www.japadog.com

 

ビジネスとは本当にアイディアなんだなと思いました。

ジャパニーズテイストのホットドック、だからJAPADOG!

日本の味が他国でも受け入れられるというのは、日本人として誇らしいですね!

これからも頑張ってほしいです。

最近のマイブーム:絵を描く時間はジブンと向き合う時間

お題「マイブーム」

 

みなさん、こんにちは。

本日、バンクーバーは快晴でございます!

朝から、太陽がとっても眩しいです。

 

さてさて、今回はわたしのマイブームについて、

少しお話したいと思います。

 

わたしの最近のはまってることは、

”絵を描くこと”です!

 

幼少のころ、父がグラフィックデザイナーだったこともあり、

休日になると親子の時間を兼ねて、

二人でよく東京にある父の会社に遊びに行っていました。

数時間、仕事をする父の横で、

わたしはよく、

会社にある色とりどりのマーカーやペンを使って、大きな画用紙いっぱいに、

絵を描いて、遊んでいました。

 

中学、高校、そして成人して仕事で忙しい生活をする中、

すっかり絵を描くことをしなくなっていました。

 

昨年、精神的に病んでいたわたしは、

冬休みを利用して、一時、日本に帰国しました。

そして、家で自分の部屋の整理をしていて、

タンスの裏にあった、遠い昔、自分が描いた絵を見つけました。

 

数センチはある、厚いホコリをかぶって、寂しそうにそれはありました。

きっと、何十年とタンスの裏に忘れられ、

陽の目をみることもなく、ただただそこに。

見つけたとき、なんとも懐かしい気持ちになったのを覚えています。

 

冬休みの終盤、カナダにもどる際、

塗り絵本、色鉛筆と数本のマーカー、をスーツケースに入れました。

 

それからは、学校や生活でイライラした際、

わたしは数時間、塗り絵をやって精神のバランスを取り戻します。

カナダ人はよく、

”メディテイション”(”自分と向き合う時間”)という言葉で表現します。

 

そして、この夏休みに入ってからは、

塗り絵のほかに、絵を描くことをはじめました。

f:id:hinananahi:20190720045921j:plain

Manta ray

f:id:hinananahi:20190720050145j:plain

Rose

絵を描いているとき、

不思議とイライラだったり、ネガティブな感情が消えます。

描くものもバラバラで、インスピレーションで描いています。

なので、ピンとくるものがないと描けません(笑)

ただ、描いているときはすごく楽しい、快感です!

自分の時間を持つって、とっても大切ですね!

生きてりゃ落ちる時だってある!

お題「わたしの黒歴史」

 

2018年秋、わたしは人生初のウツを経験しました。

あの時は、ただただ生きてることが辛くて、

自分がウツだと、実感はしていませんでしたが、

今、振り返ってみると、

自分はウツだったんだなーと思います。

 

症状が現れ始めたのは、

昨年、10月頃。

学校が9月から始まり、ちょうど夏休みのバケーション気分から、

学校のある生活に慣れてきた頃でした。

 

 

この頃は、学校と印刷屋さんでのパートタイムの仕事をしていたのですが、

何をやっても、満たされない気がして、

自分が劣っている、もっとやらないとと焦っている自分がいました。

 

学校の成績も、先生に褒められても、

自分で自分を認めることができず、

”どーして自分はこんなにバカなんだ”、”もっとできるだろう”と、

自分を責めていたと思います。

 

それから、

学校で若い20代のクラスメイトをみると辛くて、自分がみじめに思えました。

自分は30代。

”この先勉強して、なんの意味がある”、

”企業だって、若い新卒を取りたいにきまってる”、

”今、頑張って何になる”、

今思えば、すべてをネガティブにとらえていたなと思います

 

はじめは仕事、学校に対しての不安や孤立感からくるものでしたが、

だんだん私生活も、このネガティブな感情に支配されていきました。

 

付き合っていた彼のしてくれることが信じられなくて、彼を責めました。

例えば、彼がわたしのためにコーヒーをいれてくれたり、

朝ご飯を作ってくれたりする行為に対して、

ポイント稼ぎだとか疑ってしまって、感謝の気持ちが持てませんでした。

 

彼も、こんな状態のわたしと一緒にいるのは辛かったと思います。

でも、あのときのわたしを見ても嫌にならず、

今も一緒にいてくれてる彼には、ただただ感謝ですね。

 

改めて思いますが、ウツとは怖いですね。

自分で自覚症状のないまま、どんどん進行していく。

気づいたころには自分の思考にモヤがかかって、なんかよくわかんないけど辛い。

そして、自分でもよくわかんない自分の感情を、

相手にわかってもらおうにも、うまく説明できない。

そして、さらに自分への不満がたまる。

自分を責めて、責めて、責めて。。。

 

今、振り返ってみると、

わたしは自分に対して優しくなかったなと思います。

もし、あの頃の自分に会えるなら、

”ごめんね”って言ってあげたいですね。

夏の思い出②:ハイキング@Cypress Mountain

みなさん、おはようございます。

先日、サイプレスマウンテンでハイキングをしてきました。

天候はほとんど曇り、ときたま顔を出す太陽が汗をかいた身体を乾かしてくれました。

 

サイプレスマウンテンはWest Vancouverにあります。

ダウンタウンからスタンリーパークを抜け、

ライオンズゲートブリッジを渡ると、West Vancouverに入ります。

 

West Vancouverはお金持ちのエリアなので、

ダウンタウンや、Vancouverの家と比べると、一軒一軒大きくて、

また、その中でもいい家になると、

バルコニーから自分だけのオーシャンビューを独り占めできる家などもあります。

日本でいう鎌倉エリアのような感じでしょうか。

 

さてさて、West Vancouverに入ってから、

さらに高速道をを西北に上がっていきます。

そうすると、Cypress Mountainの入り口に標識があるので、

そこから登っていきます。

 

Cypress Mountainは、

2010年の冬季バンクーバーオリンピックの会場にもなったことから、

その名前を聞いたことある人も多いかと思います。

夏はハイキング、冬はスキーやスノーボードと、

アウトドアが楽しめます。

f:id:hinananahi:20190719015230j:plain

Cypress Mountain

f:id:hinananahi:20190719014957j:plain

Cypress Mountain

毎年、夏になるとハイキングに来るのですが、

傾斜のキツイコースです。

それに足元が石だらけだったり、ハイキングコースに日陰が少なかったりと、

けっこう登っていて、しんどかったです。

 

f:id:hinananahi:20190719020331j:plain

Cypress Mountain

登り切ったところにはLakeがあり、チップとデールが出迎えてくれました。

 

f:id:hinananahi:20190719021529j:plain

Cabin Lake

観光客がきて、餌付けをしているからでしょうか、

景色を楽しんでいると、リス達が近寄ってきます。

f:id:hinananahi:20190719021918j:plain

 

f:id:hinananahi:20190719022020j:plain

人間慣れして近寄ってきてくれるのは、かわいいですけど、

ちょっと切なくなりました。